オス・メス ジャコウネコ珈琲専門ショップ 
Bali Bali Coffeeへのご訪問、ありがとうございます!

ジャコウネコ珈琲とは・・・

ジャコウネコ珈琲とは・・・

ジャコウネコ珈琲はインドネシア語でコピ・ルアク(Kopi Luwak)と呼ばれるジャコウネコの糞から採取した未消化の珈琲豆です。

 

どうして希少価値が高いといわれているの?

ジャコウネコから1日に採取できる豆の量はたったの3gなんです*1。生産性が少ないため、希少価値が高く、世界で一番高価な珈琲と言われております。

 

そんなにおいしいの・・・?

ジャコウネコが食べた珈琲の実は体内で消化されずに糞として出されます。この糞から採取した珈琲豆を選別・洗浄・乾燥・管理・分別し、ジャコウネコ珈琲が誕生します。ジャコウネコの腸内で細菌や酵素が働くことにより、さらに香りを引き立たせる効果があります。ジャコウネコにもオスとメスの種類があり、オスは少しビターで後味がさっぱりしている特徴があり、メスは少し酸味があり飲みやすい特徴があります。また、飼育されているジャコウネコからとれたジャコウネコ珈琲と野生のジャコウネコからとれたジャコウネコ珈琲でも味に違いがあるため、当サイトでは両方の味を楽しんで頂けるように、飼育・野生のジャコウネコ珈琲を販売しております。

 

どういった効果があるの?

ジャコウネコ珈琲にはクロロゲン酸というポリフェノールが含まれており、クロロゲン酸は紫外線による皮膚のシミを防ぐ、アンチエイジング作用や活性効果を除去する効果があります。また、子宮癌や更年期の症状を予防する効果もあるといわれております*2。 また、カフェイン含有量も通常の珈琲よりも少ないといった特徴がございます。

 

 

 

 

参照
*1 コピ・ルピアの起源 http://xn--gckzabav2kob8ixjb.jp/entry1.html
*2 ジャコウネコ(コピルアク)という世界一価格が高いコーヒー豆 http://hackcoffeebeans.com/cat/